腹腔鏡下胆嚢切除入院顛末 その3

ちょっと間があいてしまいましたが続きを。。。

11月28日(火)
手術をいつするか。早いほうがいいよなぁと主治医の先生といろいろお話をした結果、29日に行うことに。
手術に向けた検査をまたまた行いました。
MRI検査、造影剤を使ったCT検査。心電図、肺機能検査などなど。
全身麻酔による手術になるので、結構いろいろな検査をします。中には血の止まる時間を計る検査もありましたね。
本来ならば、この日から水分摂取がOKになるところでしたが、翌日が手術となったため再度ストップがかかりました(TT

11月29日(水)
手術当日です。この日14時半に手術室入室と言われていました。
前日に安定剤を投与されて寝たために、かなり朝早くに目が覚めました。
しかし!
朝7時過ぎに看護士さんがやってきて浣腸をされました・・・
実は全身麻酔の手術は今回が3回目なのですが、毎回この浣腸が嫌ですね。
5分程度我慢しないといけないようですが、毎回2分くらいしか我慢できません・・・
浣腸も終わりトイレも終了し、あとは時間を待つだけ。
かなり暇だったので、うとうとしながら待っていた14時ごろ。
もうすぐだなーと思っていたら、いきなり看護士さんが、
「入室が今からになったので行きますよー!!」と。
私の手術のあとに、緊急オペが入り込んだ模様。
バタバタと準備をして手術室へ。というものの、私が覚えているのは手術室の一歩手前の部屋ですが。
頭にネットをかぶせられ、点滴やら心電図やらいろいろ取り付けられて、いよいよ麻酔。
口につけた酸素マスクから麻酔をいれていくんだそうで。
麻酔担当医の方が「今から麻酔いれますよー」と言われしばらく後に何度も名前を呼ばれたので、
返事をしなきゃ・・・と思ったところで私の手術前の記憶は終了。

長くなりましたが、また次回へ続く!

2 Responses to “腹腔鏡下胆嚢切除入院顛末 その3”

  1. バタ子 より:

    お久しぶりです。
    手術されてたんですね~w(@。@;)w
    こうやってブログに書けているということは
    ご無事ということですね!
    うちの母も同じ手術を2年くらい前にしました。
    なかなか不安もありましたが、
    母も無事手術を終えました~!
    よく腰が痛いと言われていたのは
    胆石が原因だったかもですね。
    腰痛が解消されたのでは?!

  2. takaryu より:

    バタ子さん

    コメントありがとう^^
    ってか、こんなブログよく見たな(w

    胆石って多くの人にあるんだけれど、ほとんどの人が無症状らしいね。
    突然、発作のような痛みがきたんでわけわかんなかった。

    人間30歳を過ぎるといろいろでてきます。
    バタ子さんもお体に気をつけて・・・

Leave a Reply